画像
画像
画像
画像
画像

はちみつとの違い

今総合栄養食ひとして注目を浴びているものの一つに、ローヤルゼリーがあげられます。
ローヤルゼリーにはとても豊富な栄養素があることから、サプリメントとして摂取するする人が多くなっています。
日常生活から起きてしまう生活習慣病を改善したり、美容にとってもとても効果的といわれています。

ローヤルゼリーという言葉はよく耳にしますが、どこでどのようにして作られている天然成分かご存じでしょうか。
ローヤルゼリーの商品には良く、ハチの巣や鉢の絵が描かれていることが多いです。
そして色目も蜂蜜のよな色目をしているため、ハチの巣で摂取できるのだろうと考える人が多いでしょう。

それでは蜂蜜とローヤルゼリーでは何がどう違うのでしょうか。

まず決定的な違いは、食べる蜂が違うということです。
蜂蜜は、働き蜂が食べるものとして作られたものになります。
それに対してローヤルゼリーは、女王蜂か将来女王蜂になる幼虫のためだけに作られている食べ物になります。
ローヤルゼリーは、働き蜂が摂取していきた花粉や蜜などを体内に取り込み、酵素で分解されて作られたものです。

そしてもう一つの大きな違いは、ふくまれている栄養素の違いです。

蜂蜜に含まれる成分のうち、約8割が糖分だといわれています。
そして残りはほとんど水分で、数パーセントだけがビタミンやミネラル成分が含まれているといわれています。

それに対してローヤルゼリーは、糖分が1割のみで6割が水分、そして残り3割は40種類以上ある豊富な栄養素が凝縮されているといわれています。
その栄養素の中には、人間の体型を形成するにあたって必要なアミノ酸、タンパク質なども豊富に含まれています。
また体のバランスを整えるために欠かせない、ビタミン類、ミネラル成分も含まれています。
このような成分がバランスよく含まれているため、とても総合的な栄養素が高いといえます。

作り方としては、どちらも働き蜂によって作られていることには変わりません。
蜂蜜は、花の蜜を採取した働き蜂が一度一の中に入れてい袋で消化されたのち、また口から排出され巣の中で熟成して出来上がったものです。
ローヤルゼリーは、同じ花の蜜や花粉を摂取し、体内に吸収し腸で分解をしたのちに、咽頭腺から分泌されて出来上がったものです。

蜂蜜もローヤルゼリも原材料や同じ働き蜂によって作られるにも関わらず、ここまでの栄養素の違うが生まれるのがとても神秘的です。

コンテンツ一覧
Menu list

用途から選ぶ一覧
effect list

体験談で選ぶ
実際に使ってみました!

選びたいサプリNo.1
Best item

  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • 40歳からのローヤルゼリー
  • エモリーRジェル