画像
画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリーの種類

手軽に摂取できる栄養素としてサプリメントがとても注目されています。
需要も高く、いろんな成分が含まれた商品が発売されています。
中でも、ローヤルゼリーはバランスが良く豊富な栄養素がたくさん含まれているため、摂取している人がとても多いです。

ローヤルゼリーの種類によって、含まれている栄養素も大きく違います。
ローヤルゼリーの種類は、およそ三つの種類に分けられます。

まず一番栄養素が多く含まれているのが生ローヤルゼリーです。
生ローヤルゼリーは、一番鮮度が高く、栄養素もそのまま摂取できることが一番のメリットです。

そのほかの種類は加熱などされているため、栄養素が壊れてしまうことがあります。
しかし、生のローヤルゼリーは、そういった成分をそのまま摂取できるためとても高純度の栄養素を取り込めます。
その新鮮さや栄養価を守るための保存方法が難しいということが、デメリットとしてあげられます。

そしてふたつめは、乾燥ローヤルゼリーです。
いま一番市場に普及しているのが、この乾燥ローヤルゼリーです。

生のローヤルゼリーの水分飛ばして、乾燥状態にしたものになります。
粉末状のため、保存方法が融通がきくようになり、長期的な保存ができるようになりました。
粉末のままでは摂取しにくいため、カプセルなどに入れられたサプリメントがとても多く発売されています。

生のローヤルゼリーに比べて、栄養素は落ちてしまいます。
ですが、ローヤルゼリー特有のデセン酸を十分含まれている商品がたくさん発売されています。

生のローヤルゼリーの場合は、保管の際に冷蔵庫でなければいけないため、持ち運びなどができない商品でした。
しかし乾燥ローヤルゼリーでは、旅行の際でも持ち運びができるため、毎日続けやすくなりました。

最後にあまり耳にする気かがありませんが、調整ローヤルゼリーです。
ローヤルゼリー以外の成分も含まれているため、純度100パーセントのものは一つもありません。
ローヤルゼリー以外の栄養素も含まれるため、栄養価が上がる部分もあります。
しかしローヤルゼリ―一つの栄養素を強く求める人には、独自の栄養素が少ないためお薦めではありません。

ただし製品としては摂取しやすく作られているため、簡単に日常生活に取り入れやすくなっています。
同時に摂取することで相乗効果が得られる、コエンザイムQ10やコラーゲンなどの商品をえらぶといいでしょう。

このように種類によってローヤルゼリーの栄養素、保存方法、摂取方法などにも違いがあります。
自分の生活スタイルや必要な栄養素に合わせて摂取するようにしましょう。

コンテンツ一覧
Menu list

用途から選ぶ一覧
effect list

体験談で選ぶ
実際に使ってみました!

選びたいサプリNo.1
Best item

  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • 山田養蜂場RJスキンケア
  • 40歳からのローヤルゼリー
  • エモリーRジェル