画像
画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリーを食事に混ぜて摂取する場合

生ローヤルゼリーは、強い酸味と独特の味があり苦手な人もいます。
せっかくの有効成分をいい状態で取り込みたいと思う人が多いでしょう。

多くのサプリメントがある中で、ローヤルゼリーは総合栄養食といわれるほど、バランスが取れた栄養価で形成されています。
その栄養素を摂取する方法として、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3種類の中から自分に合った生活スタイルのものをえらびます。

特に生ローヤルゼリーは保管が大変なため、持ち運びなどができません。
しかも味に酸味や癖があるため、一番多くの栄養素を含んだローヤルゼリーが多と思いながらも味に不安を感じる人もいます。
そこでもう少し味を和ませられるように、食事に混ぜて摂取することが可能なのでしょうか。

特に生ローヤルゼリーは新鮮なうちに摂取するのがお薦めな為、冷蔵庫でしっかり保管されなくてはいけません。
その一番の理由は、熱に弱いということです。
さらに空気に触れたり、金属製のスプーンなどを使用すると酸化しやすい性質があります。

なのでもし食事に混ぜて摂取するのであれば、いろんな注意が必要です。

まず温かい料理には混ぜないということです。
せっかくの有効成分が破壊され、全く効果がないものになってしまいます。
一番の理想は、成分がぶつかりあわない水分で摂取するのか一番です。

それでも、味が気になる人には、ヨーグルトに混ぜて食べてみる方法があります。
同じ酸味でローヤルゼリーの酸味も気付きにくくなります。

また乾燥タイプで粉末状であれば、料理などに使用しやすく混ぜやすいといえます。
しかし生ローヤルゼリーと同様で、熱には弱い性質なので、温かい料理には粉末タイプでも混入しないほうがいいでしょう。

いろんな注意がありながらも、健康維持、疲労回復、美容効果などを得るために、自分に合った摂取方法を見つけてみましょう。
そうすることで飲みやすく、毎日なるべく無理なく摂取する方法を見つけることが継続できる一つ方法だといえます。
なるべく本来の効果を得るのであれば、食事以外の摂取方法が鮮度も高くよりいい状態だといえます。

コンテンツ一覧
Menu list

用途から選ぶ一覧
effect list

体験談で選ぶ
実際に使ってみました!

選びたいサプリNo.1
Best item

  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • 山田養蜂場RJスキンケア
  • 40歳からのローヤルゼリー
  • エモリーRジェル