画像
画像
画像
画像
画像

どうやって保管したら良い?

いろんなサプリメントがある中でローヤルゼリーはとても管理が必要なサプリメントだといわれています。
なぜならローヤルゼリーは新鮮なほど栄養価が高く、時間が経過するほど有効成分が劣化してしまうからです。

ローヤルゼリーには多くの有効成分が含まれていています。
その有効成分は必須アミノ酸、ビタミン類、ミネラル成分、など全部で解明されている分で40種類以上といわれています。
いままだ研究段階ではありますが、60種類以上の有効成分があるといわれています。

それらの有効成分を含んだローヤルゼリーは、主に三種類の方法で摂取することができます。
それは、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3種類です。

中でも保存が最も難しいとされているのが、生ローヤルゼリーです。
生ローヤルゼリーは、摂取してから72時間以内に殺菌された瓶に詰めて出荷されています。
その鮮度はとても高く、その分栄養素もとても高いといわれています。
しかし生物と同じある使いになるため、しっかりとした保存方法でなければ、有効成分が減少し劣化がどんどん進んでしまいます。

生ローヤルゼリーの場合、保管方法は生物と同じ方法で、高温多湿の場所は厳禁で、冷蔵庫で保管しなくてはいけません。
開封後はなるべく早く使い切るようにして、賞味期限をまもって摂取しなくてはいけません。

特に開封したときには酸素が触れることで酸化してしまい、劣化がどんどん進んでしまいます。
そのため、中には冷凍保存をするべき商品もあるほどです。
一番は新鮮なうちになるべく早く使い切るのが理想です。

生以外の乾燥タイプや調整タイプの商品に関しては、多くの場合、カプセルタイプや錠剤になってるものが多いです。
このような場合でも加熱された状態になると有効成分が破壊されてしまいます。

必ず高温多湿のところは避けなければいけません。
もちろん直射日光が当たるところは必ず避けて保管しましょう。

カプセルタイプでも保存料が含まれていないものが多いです。
そのため、そのほかの有効成分のサプリメントに比べて、劣化がはやいため期限内に早く飲みきることが大事です。
やすいからとか買いに行くのが面倒だからとまとめ買いをするのだけはやめましょう。
必ず期限内に摂取できる量だけを購入し、日陰で風通しのいいところで保管するようにしましょう。

コンテンツ一覧
Menu list

用途から選ぶ一覧
effect list

体験談で選ぶ
実際に使ってみました!

選びたいサプリNo.1
Best item

  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • 山田養蜂場RJスキンケア
  • 40歳からのローヤルゼリー
  • エモリーRジェル